金属3Dプリント

金属3Dプリントはパソコンで作ったデータを立体的な金属の物体にしてくれるため、サイズや質感を実際に受けて、ものづくりをよりよくするために貢献しています。金属で作ることは確かに費用が掛かりますが、通常の金型を作るより少量生産品にとってはコストダウンできます。また完成が速いため、試作品をすぐ確認し、修正も手軽に行えるため部品作成がスピーディになります。一方、デメリットとして一番の問題は、費用の高さでしょう。金属粉末は他の材料に比べて高額になってしまいます。しかし、高いと感じたとしても、その技術の優秀さと製作期間を短くしてくれる可能性があるので、全体的なコストで見てみると意外に安く感じられるかもしれないということを念頭に置く必要があります。樹脂が材料だった時には樹脂製品という限られたモノ作りにしか使えませんでしたが、金属が作れるようになったことで、その用途は大きく拡大したといえるでしょう。

金属3Dプリントでは、どんなものが作れるのでしょうか?

今までの3Dプリントでは樹脂が主な材料でした。3Dプリンターは材料をインクのようなイメージで吹き付けるため、柔らかくて粘着性がある樹脂ぐらいしか使えませんでした。ここで金属3Dプリントが登場し、金属を粉末のような状態にして、吹きかけて、焼結させたり、レーザーで焼いたりしてこれを固めるという方法が出来るようになり、立体的になるようモノ作りが出来ていくという構造になっています。部品を削るというような加工がないため、基本的にはどんな形状の物でも作ることが出来ます。ただ材料を塗布するので、物を載せる土台となる部分が必要となり、これを後で取り外すという工程が必要ではあります。しかし複雑でこれまでは加工できなかったようなものや、プロでなければ作れなかった品質のものを作れるという魅力があるのです。

金属3Dプリントの3Dデータは簡単に作れるのでしょうか?

金属3Dプリントでは3Dデータを作る必要があります。これは、専用ソフトで簡単に作れるようになっていて、3Dデータを入力し、後は材料を金属3Dプリンターにセットしてスタートボタンを押せば目的の物が作れるようになります。この3Dデータはデジタルデータですから、いちいち図面を書き直す必要がなく、簡単に修正が出来ます。これを修正することで、ちょっとした変更も簡単にすることが出来るので、いろいろなパターンのものを作ることが可能です。ですから、趣味で作るような造形物を作り、日曜大工で扱うような部品や日用品として扱う部品も金属3Dプリンターで作ることが出来るようになるというわけです。データを入力してスタートボタンを押すだけですから、プロだけでなく一般にも広く使えるようになったのです。