金属3Dプリント

レーザーと金属粉末を材料として動く仕組みの金属3Dプリントは、金属粉末を0.02mmというごく薄さで敷き、一層ごとに重ねていき積層ピッチを作り上げます。そこにレーザーを照射し、必要な部分だけを固めます。そして土台部分を積層ピッチ分だけ降ろし、さらに金属粉末を敷きレーザーを照射する作業を繰り返し行います。一層ずつがまるでソフトクリームのような形状となっており、3Dプリントも同様の仕組みとなっております。これにより、従来の切削技術や加工技術では不可能だった形状も作ることが可能になりました。また、1点作る場合でも多数作る場合でもコストが変わらないため、一点ものでも容易に作ることが可能です。作品の表現の幅が広がるため、活躍が期待されており、需要が伸びているのが金属3Dプリントです。

ボタン一つで簡単に作ることができる金属3Dプリント

金属3Dプリントは、一枚の絵を描くように金属粉末を敷き、レーザーを照射する作業を繰り返すことで絵を立体に仕上げていきます。材料を載せるための土台が必要となり、仕上がったときにこの土台を外せることができれば、削る作業が発生しないのでどんなに複雑な形状でも作ることが可能です。今までは、どんな熟練のプロの手でも実現することができなかった形状が、金属3Dプリントならボタン一つで誰でも作ることができるようになるのです。金属3Dプリントにデータされ入力すれば、何度でも同じ精度のものが短時間で作ることができるため、人件費の削減及び人間が作る場合に起こりえる仕上がりのムラや失敗などによる廃棄ロスまでも削減することができるため、コストパフォーマンスが高い製品であると言えます。

アイデア次第でどんなものでも作成可能です

近年、最新の加工技術として注目を浴びているのが金属3Dプリントです。金属以外の樹脂などの素材でも実用化されています。また、今までの加工技術では難易度の高かった中空の製品や、複雑な形状をした立体を作ることができるのが魅力となっています。金属3Dプリントにデータを入力し立体を形作るため、今までの加工技術で必要だった金型を作る必要がありません。そのため、金型を作るための時間やコストを削減することができます。また、パーツごとに分けて組み立てることが一般的でしたが、立体を一気に作り上げるため組み立てラインが不要な点、細かで種類の多いパーツの管理も不要となります。概念上はどんなものでも作ることができる金属3Dプリントは、アイデア次第で魅力的な製品を作ることができる楽しみがあります。