金属3Dプリント

金属3Dプリントをするには専用のプリンターが必要です。金属3Dプリンターを取り扱っているメーカーはたくさんあります。しかし、プリンターについて詳しくなければ全て同じ製品に見える方もいるでしょう。そこで、どれを購入またはレンタルしたら良いのかわからない場合は、金属3Dプリンターに詳しい導入コンサルティングを行っている会社もありますので、相談してみると良いでしょう。予算にあわせた金属3Dプリンターの導入だけでなく、技術的なサポートや相談もできるところもあります。初めて会社や工場などに金属3Dプリンターを導入しようと考えられている方は不安なことも多いと思われるので、専門家の意見を求めてみるのも失敗の少ない方法であると言えます。そういったサポートも、ご興味のある方は活用してみてください。

メーカーの金属3Dプリンターの特徴

業界大手の会社では、金属3Dプリントができるプリンター以外にも、樹脂やワックス、ナイロンや石膏などを用いた3Dプリンターを取り扱っています。他にも業界で有名な会社が扱っている製品の中には、ドイツ企業の金属3Dプリンターを取り扱っています。それぞれの導入のメリットや特徴については、企業の公式サイトに掲載されていますので、ご興味のある方は一度調べてみてください。メーカーによってはカタログの請求や、見積もりの依頼などができる場合がありますので、気になったものが見つかった場合は、取り寄せたりなどをしてさらに情報を収集すると良いでしょう。また、いくつかのメーカーから見積もりやカタログを取り寄せることで、どれが自分にあったものなのかを比較することもできるので、おすすめです。

金属3Dプリントしてはいけないものについて

少し前に、海外のニュースとして取り上げられたこともありましたが、金属3Dプリントをしてはいけないものも存在します。ニュースで取り上げられていた物は拳銃でしたが、その他にもプリントしてはいけないものがあります。例えば、紙幣や硬貨、特殊開錠道具(ピッキング道具)などがあります。また、私用目的で作成することは可能でも、インターネットなどで公開してしまうと罪に問われる可能性があるものあるので、利用の際には十分に注意しましょう。金属3Dプリントは素晴らしい技術ですが、悪用されてしまうこともあります。一人ひとりが法律やルールを守って、秩序に反しない範囲でプリンターを利用することが大切であると言えます。技術の進化によって今は不可能でも、これから危ないものも作製可能になってしまうこともあるので、その都度新しい規制の情報などを確認するようにしましょう。