金属3Dプリント

金属3Dプリントは一般的な消費者にとって身近な存在であるとは言えませんが、その技術は着実に進歩していて、日常的な生活シーンの意外な所で役立っています。金属3Dプリントはデータさえあれば、あらゆる立体物を造りだす事が出来ます。一般的にはあまり知られていないのですが、建築や医療、宇宙科学などの幅広い業界で導入されて、物作りに従事する企業によって製品の試作やパーツ・レプリカの製作などの為に活用されています。金属3Dプリントを導入すれば商品説明をする時など、平面ではなく、実際に手に取り確認できる立体の物を提供する事が出来ます。立体物を手に取りリアリティのある商品説明を行う事が可能になれば経済効果や業績の向上も期待できます。従来と比較して部品の製作にかかる時間やコスト等の負担が軽くなる為、作業の効率化も実現する事が出来ます。

金属3プリントにはどんな魅力があるのか

金属3Dプリントは、形状が複雑でこれまで加工出来なかったような物、プロ級の物が作れるというのが最大の魅力です。高精度で何度でも同じ物を作れる事と、ちょっとしたデータで簡単に出来るのも魅力です。その為、日用品として使うような部品、日曜大工で作るような部品や趣味で作るような造形物なども作る事が出来ます。金属3Dプリントでは一枚の絵を描くように粉末材料を塗りつけて、この工程を何度も繰り返す事で絵が立体的な3Dとなるように出来上がります。物作りをすると精度がばらつくのですが、金属3Dプリントでは精度がとても優れています。加工方法が削るではなく、粉末を塗りつける事になるので、大きな力を加えず静かに物作りが出来るようになります。研究所や実験室などで使う物を作るにも適しています。

金属3Dプリントの便利なポイントとは

金属3Dプリントは、イメージ的にはどんな物でも作る事が出来ますが、粉末を塗りつけて固めるという作り方になるので、土台部分を作る必要があり、作った目的の物を取り出すという事になるので、ある程度の条件はあります。物を作った後で、土台を外す必要がありますが、ほとんどの形状の物を作る事が出来ます。ある程度の条件があるとはいえ、今までの金属加工方法を考えると何でも作れると言えるくらいに、考えた物を作る事が出来ます。金属3Dプリントを作るには3Dデータを作る必要があります。これは簡単にソフトで作れるようになっています。このデータを入力すれば後は材料をプリンターにセットして、スタートボタンを押せば目的の物が作りだされます。3Dデータはデジタルデータの為、ちょっとした変更をする事も可能なので、色々なパターンの物を作るのに適しています。