金属3Dプリント

金属3Dプリントとは、レーザーと材料となっている金属粉末で動く仕組みとなっています。まず初めに金属粉末を0.02mmから0.05mmというごく薄い程度に敷きます。一層ごとに重ねるため、この厚みのことを積層ピッチと呼んでいます。敷いた金属粉末にレーザーを照射することにより、必要となる部分だけを固めます。その後で、土台となる部分を積層ピッチの分だけ降下させて、さらに金属粉末を敷いてレーザーを照射するという作業を繰り返し行うのです。一般的な3Dプリンターも同様の原理で動いており、一層ずつがソフトクリームのような状態で作られています。この造形方法により、従来の切削加工や成型加工では実現しなかった形状を表現できるようになった点、生産数が少ないケースでもコストが変わらないため、一品物でも作ることができるメリットがあります。

複雑なものでも作ることができる金属3Dプリント

金属3Dプリントでは、複雑な形状となっており今までは加工が困難だったもの、プロでなければ作成できなかったものが作れるという大きな魅力があります。さらに高精度で、何回でも同じものを作ることができる点、ちょっとした変更なら簡単にデータで行える点も魅力に挙げられます。そのため、日曜大工で作成するような日用品や部品、趣味の造形物をこの金属3Dプリントで気軽に作ることが可能となるのです。お店では販売されていないような複雑な形状が可能なので、実用品として利用するのは勿論、趣味として気軽に部品作りをするのもおすすめです。データを入力したらスタートボタンを押すだけなので、誰でも簡単に使えることができ、自分のアイデア次第で世界に一つだけのオリジナル商品を作ることができるのです。

精度の高いプロ仕様のものも作ることができます

一枚の絵を描くイメージで粉末材料を敷いていき、この作業を何回も繰り返すことにより絵が立体的な3Dに仕上がる金属3Dプリントでは、部品を削るといった加工が存在しないため、概念上はどんな複雑な形状のものでも作成が可能です。材料を敷くため物を乗せる土台が必要となり、これを外す作業が必要となりますが、多くの形状を作ることができます。人間の手では加工することができないとされていたものでも、金属3Dプリントなら何度でも同じものを作ることができる大きなメリットがあります。ボタン一つで作成が可能なので、人件費が掛からないというメリットもあります。また、人がものを作るとなるとその人の能力が大きな影響を与えますが、金属3Dプリントでは精度のばらつきがなく、しかも高精度のもの作りを行うことができます。